広島市立大学着任後の研究成果 1984-1993 10年間は略)
Last updated September 8/12/2008

 

2003年度以降の論文等は、「研究開発支援総合ディレクトリ (READ)」で公開しています。

リンクさせてある論文は、ユーザ名、パスワードが必要です。必要な方は、個人的にメールでお問い合わせください。

 

Back to Homepage

 

所 属 学 会

 大学英語教育学会JACET) 【全国評議員、JACET賞選考委員長】 

全国語学教育学会JALT) Editorial Advisory Board

 全国英語教育学会

外国語教育メディア学会(LET)

 西日本言語学会 【運営委員】

日本「アジア英語」学会

 Teachers of English to Speakers of Other Languages (TESOL)

American Association of Applied Linguistics (AAAL)

 AILA2002

 

 

著        書

岩井千秋 2000. 『第二言語使用におけるコミュニケーション方略』 広島:渓水社

Iwai, C. 1997. Computer-Assisted Writing in CALL. In P. Liddell (ed.),Foreign Language Education and Technolog. Victora: Canada, Printcrafters Inc. 

学位論文 (2006). Linguistic and Pedagogical Values of Teaching Communication Strategies: Integrating the Notion of Communication Strategies with Studies of Second Language Acquisition.

 

 

 

学  術  論  文

Iwai, C., & Yamada, L. 1994. An Overseas Study Program and Its Influence on EFL Learners' Fluency and Pragmatic Competence. Annual Review of English Language Education in Japan, Vol. 5, pp. 41-52.

Iwai, C. 1995. Second Language Proficiency and Communication Strategies in L1 and L2. Linguistic Society of West Japan NIDABA, No. 24pp. 11-20.

Iwai, C. 1996. Theoretical Issues and Empirical Studies in Communication Strategies. Hiroshima Journal of International Studies (広島市立大学国際学部『広島国際研究』), Vol. 2, pp. 83-99.

Iwai, C. 1996. Evaluation of Process-oriented Communication Strategies. Linguistic Society of West Japan NIDABA, No. 25, pp. 107-116.

Iwai, C. 1997. Cognitive Styles and Communication Strategies. Linguistic Society of West Japan NIDABA, No. 26, pp. 96-105.

Iwai, C. 1998. Strategic Competence and Communication Strategies. Hiroshima Journal of International Studies (広島市立大学国際学部『広島国際研究』), Vol. 4, pp. 159-172.

Iwai, C. 1998. Computer-Assisted Writing in CALL. IALL [International Association of Language Learning Technologies] 学会の推薦により、転載) IALL Journal of Language Learning Technologies, Vol. 31, No. 1/2, pp. 25-33. 

岩井千秋 1999. 「インターラクションとコミュニケーション方略」 『中国地区英語教育学会研究紀要』No. 29, pp. 59-68.

Iwai, C. 1999. Qualitative Analysis of Interactive Communication Strategies. Linguistic Society of West Japan NIDABA, No. 28, pp. 128-137.

Iwai, C. 2000. Temporal and Personal Factors in Solving Communication Problems. Working Paper Series No. 2 in cultural studies, Faculty of International Studies, Hiroshima City University.

Iwai, C. 2000. Information Processing in Communication Strategies. Proceedings of the 12th World Congress of Applied Linguistics, CD- ROM

Iwai, C. 2001. Analysis of Junior High School English Textbooks from the Perspective of Communicative Competence. Annual Review of English Language Education in Japan, 12, pp. 31-40. 

Iwai, C., & Rinnert, C. 2001. Cross-cultural Comparison of Strategic Realization of Sociopragmatic Competence: Implications for Learning World Englishes. Hiroshima Journal of International Studies (広島市立大学国際学部『広島国際研究』), Vol. 7, pp. 155-179.

Iwai, C. Are They Really Ready to Learn? Crucial Pitfalls in the Teachability of Communication Strategies (校正中)

Iwai, C., Higuchi, S., & Ikegami, M. 2002. Pragmatic Communication Strategies: An Empirical Study of Compliment Responses. CASTLE (『中国地区英語教育学会研究紀要』』) Research Bulletin, 32, 175-184.

Iwai, C. 2002. Strategic Use of Pragmalinguistic Competence: Methodological and Pedagogical Implications for EFL Learners. Asian English Studies, 4, pp. 5-23.

岩井千秋、小西廣司. 2002. 方略的能力とコミュニケーション方略の理論的誤謬:方略的能力のモデル化を目指して IRICE Plaza 12, 107-114.

Iwai, C., & Rinnert, C. 2002. Strategic Solution of Sociopragmatic Problems in Using World Englishes. Proceedings of the 3rd Pan-Asian Conference at JALT 2001, pp. 881-887 (CD-Rom).

Iwai, C. 2002. Analyses of Native English Speakers' Performative Data to Produce Instructional Materials for Communication Strategies. NIDABA 31, 93-102.

Iwai, C., & Konishi, K. 2003. Theoretical Controversies and Pedagogical Values in Teaching Communication Strategies. CASTLE (『中国地区英語教育学会研究紀要』』) Reserach Bulletin, 33, pp. 111-120.

Rinnert, C., & Iwai, C. 2003. Variation in complaint strategies in four English speaking regions. Proceedings of JALT2002 at Shizuoka, pp. 372-378.

 

 

研  究  発  表

1995 7

「授業+自学習=CALLCALL の本質的機能と授業の体系的連鎖」(共同)

第35回語学ラボラトリー学会 (LLA) 全国研究大会 中京大学

大会要綱 p. 37-40

1995 9

「第二言語の熟達度と第一言語、第二言語におけるコミュニケーション・ストラタジーについて」

第34回大学英語教育学会 (JACET) 全国大会 成城大学

大会要綱 pp. 55-58

1996 7

「英語学習者用オーサリングソフトを利用した CALL 授業」(共同)

第36回語学ラボラトリー学会 (LLA) 全国研究大会 拓殖大学

大会要綱 p. 106-107

1996 9

「コミュニケーション・ストラタジー分類再考:コンテキストの導入」

第35回大学英語教育学会 (JACET) 全国大会 大谷大学

大会要綱 pp. 333-336

1996 9

CALL の体験ワークショップ」 

JALT(全国言語教育学会)広島支部研究会 広島市立大学

なし

1996 11

Crossing Borders of Regular Classrooms: CALL at Hiroshima City University.(共同)

22nd JALT Annual Interanational Conference, Hiroshima

大会要綱 p. 169

1997 8

Computer Assisted Writing in CALL

Foreign Language Education and Technology (FLEAT) III  University of Victoria, Canada

大会要綱 p. 67-68

1997 9

「方略的能力とコミュニケーション方略:語彙レベルを越えた方略」

第37回大学英語教育学会(JACET)全国大会 就実女子大学

大会要綱 pp. 69-70

1997 9

「インターラクションとコミュニケーション方略」

第29回中国地区英語教育学会 鳥取大学

なし

1998 11

Computerized Oral Data Collection.

24th JALT Annual Interanational Conference, Omiya Sonic City

大会要綱 p. 125

1999 3

Computerized Processing of Oral Language Data.

33rd TESOL99 Annual Convention, Hilton Hotel, New York

大会要綱 p. 120

1999 8

Information Processing in Communication Strategies.

AILA99: 12th World Congress of Applied Linguistics, Waseda University

大会要綱 p. 346

1999 9

Temporal and Personal Factors in Processing Communication Problems.

19th Annual Second Language Research Forum (SLRF) 99, University of Minnesota

大会要綱 p. 37

2000 8

方略的観点からのテキスト分析:中学校編 

第26回全国英語教育学会 東京国際大学

大会要綱 p. 142

2001 8

語用論的コミュニケーション方略:Compliment Responses の実証研究から

第27回(統一体第1回)全国英語教育学会 広島国際会議場

大会要綱 pp. 159-162.

2001 9

コミュニケーション方略教育可能性論争の理論的、実証的問題点

第41回大学英語教育学会、北海道

大会要綱 pp.  

2001 10

Strategic Solution of Sociopragmatic Problems in Using World Englishes.

JALT Hiroshima Chapter, Monthly meeting PAC 3, Hiroshima Session)

大会要綱なし 

2001 11

Strategic Solution of Sociopragmatic Problems in Using World Englishes.

PAC 3, 26th JALT Annual Interanational Conference, Kokura.

大会要綱 pp.41.  

2002 8

コミュニケーション方略指導の理論的争点と教育的意義

第28回(統一体第2回)全国英語教育学会 神戸大学

大会要綱 pp. 113-116.

2002 10

Variation in Complaint Strategies in Three Regions

JALT Hiroshima Chapter, Monthly meeting Pre-Annual JALT Conference, Hiroshima Session)

大会要綱なし

2002 11

Variation in complaint strategies in four English speaking regions

27th JALT Annual Interanational Conference, Sizuoka

大会要綱 pp.

2002 12

Designing a Teaching Syllabus for Communication Strategies

AILA02: 13th World Congress of Applied Linguistics, Singapore

大会要綱 pp.

2003 6

コミュニケーション方略指導教材の必要性とその作成方法

20JACET 中国四国地区研究大会

Abstract

2003 9

コミュニケーション方略の指導効果に関する実証研究

42JACET 全国大会

Abstract

2003 11

Teaching Effects of Communication Strategies

28h JALT Annual Interanational Conference, Sizuoka

Abstract

 

 

そ  の  他

1996 9

「パソコンで使う電子辞書」(共著)

大修館『英語教育』9月増刊号、pp. 89-96.

1997 5

JALT Membership Survey: An Interim Report.(共著)

JALT The CUE (College and University Educator Newsletter, Vol. 5, No. 1)

1998 2

EFL Learners' Productive Language Behaviors.(共著)

平成7年度広島市立大学特定研究費報告書 

1998 4

Process-oriented Academic Writing for Japanese College Students.

英語ライティング用テキスト

1999 2

「外国語使用におけるコミュニケーション方略の処理過程に関する研究

平成910年度文部省科学研究費補助金(基盤研究C)研究成果報告書

1999 3

Regional Variations of English Speech Acts in Asian Countries (共著)

平成11年3月 平成8年度広島市立大学特定研究費報告書

2002 1

広島市における言語サービス」(共著)

平成13年度国際学部専門演習研究書

2003 3

「第二言語使用における社会言語学的能力と談話能力の方略使用に関する研究」

平成12年度広島市立大学特定研究費報告書

2003 

Lewis, P., Iwai, C., & Kitao, K. 2003. Local Decisions, Global Effects. Nagoya: JALT CAll SIG.

The Proceedings of JALTCALL 2002

 

Back to Homepage