IwaiZemi 過去のゼミプロジェクト、及び卒論・修論・博論

ゼミ生のプライバシー保護のため、このサイトには論文タイトルのみ表示します。

●国際学部卒業論文

1998年度卒業生

01. 実態調査に基づくカタカナ英語の研究

 

02. 「英語学習動機」と「カタカナ英語評価」における数量的研究

1999年度卒業生

03. Studies of Language Learning Strategies: Their Shortcomings and Prospects

 

04. Globalization of Business English And Its Linguistic Changes (MA Thesis)

2000年度卒業生

05. 新聞ヘッドラインにおける統語的観念からの日本語と英語の比較研究

 

06. インターネットを利用した英語学習に関する研究

 

07. 「コミュニケーションの変貌」〜携帯電話と若者言葉の実態調査から〜 

 

08. 英語語彙学習におけるカタカナ語の影響

2001年度卒業生

09. わが国の言語政策の現状と課題

2002年度卒業生

10. 日本人英語学習者の発話における語彙的特徴

 

11. 英語ディスコース・マーカーの談話機能分析

 

12. 日本人英語学習者と英語母語話者の英語語句に対する認識に関する研究

 

13. 日米のテレビコマーシャルにおける表現方法の比較研究

 

14. 考える魅力的な話し方

 

15. 詞の意味論的分析 − 映画スクリプトをもとにして

 

16. アメリカ人のコミュニケーションスタイルの比較 − 雑誌広告の表現を基にして

 

17. 流行歌における外来語使用の研究

2003年度卒業生

18. 日本における国際結婚の展望−アメリカの国際結婚との比較から

 

19. 韓国、中国、日本の大学英語入学試験比較

 

20. 若者たちの“日本語の乱れ”意識−「ラ抜き言葉」・「接客用語」を中心に

 

21. 英語学習者の発話に伴うジェスチャーの特徴−使用言語の違いが与える影響

 

22. 若者ことばの移り変わり− 時代を経て使用される背景とその要因

 

23. 外国語教育に関する研究と日本語教育指導案の作成

 

24. 実態調査に基づくカタカナ語の研究−近年のカタカナ英語に見られる特徴

2004年度卒業生

25. 多言語社会の言語使用状況に関する調査−シンガポールと日本を比較して

 

26. 公共サインの分類と表示方法に関する研究−文字とピクトグラムによる表記に焦点をあてて

 

27. POPSにみる日韓の英語観−KPOPJPOPに使用されている英語の比較を通して

2005年度卒業生

28. ネーミングに関する研究−菓子の商品名に焦点をあてて

 

29. アメリカ英語の男女ことばに関する研究−映画を題材に

 

30. インターネットの上の言葉使いに関する研究−掲示板・ブログ・メールを比較して

2006年度卒業生

31. 話し手と聞き手の行動に関する日米比較―クローズアップ現代 vs. LARRY KING LIVE

 

32. オノマトペ習得に影響する要因の探索的研究―日本語学習者14名の調査に基づいて―

 

2006年度国際学部卒論グランプリ 最優秀賞)

 

33. 英語学習本を斬る!― 5つの視点からのクリティカルレビュー―

2007年度卒業生

34. A Study on Implicature in English: Collecting and Analyzing Authentic Utterances in Movies

 

35. 写像性に焦点を当てた手話単語への言語学的アプローチ―初心手話学習者を想定して―

 

36. 海外長期滞在における日本人の異文化理解

 

37. 韓国語教科書における敬語法の扱い―文化教育の視点からの分析を通じて―

2008年度卒業生

38. ポライトネス表現に関する研究―英語学習書と映画の比較を通して

 

39. 証券業界における外来語使用の動態的変化とその要因―1955年から2007年における新聞記事を利用して―2008年度国際学部卒論グランプリ 入賞)

 

40. 英語の好き嫌いと言語学習方略使用の関係の一考察―英語学習者20名へのインタビューを通じて―

 

41. 呼び名を通してみる対人関係−日本と韓国の呼称の比較を通して−

 

42. 事例から考えるセミリンガル研究

2009年度卒業生

43. ポライトネス理論に基づく英語のプロポーズ表現の分析

 

44. 東広島市の言語サービス ― 外国人との共生に向けた言語環境のあり方をめぐって ―

 

45. 英語の絵本と日本語の絵本の言語学的特徴 ― 語彙と読みやすさのレベル ―

 

46. 英語母語話者に対するステレオタイプが英語学習者の発話行為に与える影響

 

2009年度国際学部卒論グランプリ 最優秀賞)

2010年度卒業生

47. 映画字幕の考察―「地獄の黙示録」2つの字幕を比較して―

 

48. サンタクロースの存在意義―歴史・文学・妖精を通して―

 

49. 伝承唄「ナーサリー・ライム」にみる児童英語教育の可能性

 

50. 広島市の観光名所における言語サービスの比較

 

51. The Jolly Postmanの不思議な魅力―文化・言語・視覚の視点から―

 

52. 企業 vs. 学校―英語教育大論争の終焉−学校と企業の二段階英語教育システムへの回帰

 

53. 助動詞とポライトネス理論(2011年度秋卒業)

2011年度卒業生

 

 

 

IwaiZemiの取組み課題

IwaiZemi-03

ALT (Assistant Language Teachers) の現状と課題」(研究論文 岩井研究室)

IwaiZemi04

Project EIL「グローバル化に伴う英語の機能と役割」
  遠隔教育小・大連携プロジェクト「世界のことばと世界地図」(テレビのニュースビデオ)

IwaiZemi05

プロジェクト「魅力ある話し方とは」

IwaiZemi06

Project EIL-Part II

IwaiZemi07

「英語学習方略(前期)とNHK英語番組(後期)の実際調査」

IwaiZemi08

「外国語使用に求められる語用論的能力− あの映画場面から」

IwaiZemi09

「広島市の言語サービス その2―ユーザの立場から」

 

「ダマー映画祭」出典作品の字幕翻訳作業(ボランティア参加)

 

大学間連携OPPイベントへの参加 City Evening News Language Service in Hiroshima City

Iwaizemi10

「聴衆を魅了するL2プレゼンテーションの実証的研究」

 

「ダマー映画祭」出典作品の字幕翻訳作業(ボランティア参加)

 

大学間連携OPPイベントへの参加 Choral Reading Desire for Peace

IwaiZemi11

英語語用論の基礎理論

 

 

●修士論文

1999年度修了

1. Globalization of Business English and Its Linguistic Changes

2002年度修了

2. An Empirical Study of Japanese EFL Learners from the Perspective of Language Learner Autonomy

2004年度修了

3. 学校教育における英語教科書の縦断的分析研究 ― 中学・高校間の難易度格差に焦点を当てて ―

2009年度修了

4. 音象徴と文脈情報に依拠した擬音語・擬態語の意味推測―日本語指導への教育的示唆―

 

5. 日本人英語学習者による強調表現の学習と使用 ― 高等学校英語教科書と会話コーパスの分析を通じて

2010年度修了

6. ヨーロッパの複言語主義について ― CEFR を視点にしてわが国の言語教育のあり方を考える ―

 

7. 外国人児童・生徒に対する日本語教育の初期導入の諸問題 ― アンケート調査、面接、教科書分析による実証研究を通じて―

 

 

 

 

●博士論文

2006年度修了

1. 日本語の終助詞における男女差についての動態的研究−実証研究から得られる日本語教育への示唆−

2010年度修了

2. コミュニケーション方略の概念に基づく英語語彙の研究 ― 英語教授のための語彙指導のあり方とその提示方法を巡って ―

Back to Top